構築のメリット

M-EMSとは

環境改善活動に取り組みたいと思っていても、費用や専任者の確保が困難な中小事業所の皆様に、費用や負担額が少なく、容易に取り組める環境マネジメントシステムで、中小企業向けによりわかりやすい規格としました。

M-EMSの特色

1 2つの規格があります。

費用や規模、事業所の希望にあわせて、負担の少ないステップ1とISO14001とほぼ同じ要求事項のステップ2があります。

2 少ない負担で取り組めます。

内容や表現を取り組みやすくし、負担を減らすため「構築の手引き」や「マニュアル事例」等も用意してあります。

3 血のかよったシステム

「共に悩み、共に考える」をモットーに、審査やコンサルを行います。

4 KESと協働しています。

全国21機関と協働認証しており、全国で通用します。

PDCA

M-EMS構築のメリット(*事業者の声等)

1 コスト削減

環境と関係する経費を社員の自主的な活動のなかで削減することができます。
* 環境に取り組む姿勢をお客様にほめられました。無駄を省いてコスト削減が実感できました。
   我流では限界があり、M-EMSで理論的に取り組めたことがよかった。

2 企業価値の向上

地球に優しい事業所、三重を大事にする事業所として、社会的にも地域でも評価があがり、企業価値が向上します。
* また、三重県総合評価では、入札時ISO14001と、同等の加算点です。
* EA21との相互認証により、産廃優良事業者認定の要件に適用されます。

3 マネジメント力がつく

社員の一体感ができるとともに、仕組みが経営に役立ちます。
* M-EMS運用により、データが集まり(作業を)分析できるようになった。
* 社員の提案力・責任感が向上した。また、全社で環境を考える姿勢ができた。

M-EMS構築のメリット